2015年09月12日

「発達障害児と父親のための格闘技とランニング体験」報告

 
東京パチンコボランティア基金(旧PIVOT基金)助成事業

I am OKの会
発達障害児と父親のための 
格闘技とランニング体験」報告

(担当者 浅田)



1「パパといっしょに空手」体験
実施日時:2014年11月15日(土)午後2時〜4時
実施場所:関町福祉園(練馬区関町南3−15−35))
対象:発達障害の子ども(4歳以上)と父親
参加費:無料
講師:空手道場「武心会」平野一平師範、小玉さつき補佐、他1名
   平野厚雄(格闘家マスクドFight4u)
参加人数:12組
空手体験 小3(写真).jpg

















2「パパといっしょに、かけっこトレーニング」
実施日時:2015年2月21日(土)午後2時〜4時
実施場所:関町福祉園(練馬区関町南3−15−35)
対象:発達障害の子ども(4歳以上)と父親
参加費:無料
講師:日本女子体育大学准教授・井筒紫乃、井筒研究室の学生2名
参加人数:6組



<事業の成果>
1 アンケートより
@ 今日の感想
「お父さんはいかがでしたか?」
・楽しかった。体も動かせてストレス解消。子どもとも楽しめました。
・ふだん父親同士で交わる機会がないので大変貴重な場として楽しませていただきました。
・父親同士で悩みを共有できた
・いろいろとヒントになった。
・子どもと触れ合えて楽しかった。自分自身も改めて見つめ直せた。

「お子さんはいかがでしたか?」
・楽しそうでした。
・引っ込み思案が出ましたが楽しめた様子でした。
・板割りが嬉しかったようです。
・途中で参加するのを止めてしまった。
・自発的に楽しんでいた。他の子どもと仲良くしていた。
・子どもが自分で進んで行動できないので少しでも促してほしい

⓶今後やってほしいイベント・企画
・空手、面白かったです。
・また空手をお願いします。
・ママと空手
・ミニ運動会やミニ水泳大会
・平均台などバランスを養うもの



2 恵まれた講師陣
空手イベントでは、武心会の師範・平野一平さんと補佐・小玉さつきさんに講師(空手道場武心会http://musickarate.com/)をお願いしましたが、特に女性で一見してスリムな小玉さんの世界大会上位レベルの迫力ある演武や平野さんのバット折り(蹴りでバットを折る)に子どもたちはもちろん、父親たちも盛り上がり、ミット打ちをするときなど目つきが真剣になりました。

かけっこイベントの講師をお願いした日本女子体育大学(http://www.jwcpe.ac.jp/)准教授・井筒紫乃さんは、ランニングだけでなく子どもの発育発達を研究されていて、かけっこだけでなく運動全般につながる楽しい指導をしていただきました。
お二人とのつながりは今後のイベントにもつなげていきたいと考えています。


3 父親同士のつながり
発達障害の子どもを持つ父親同士が自分の心情を話したり、ほかの父親の話を聞いて共感する場は初めてだったのではないかと思います。
極めて新鮮な機会となりました。
このつながりを今後につなげていきたいと考えています。
また、実際にイベントに参加しなかった会員にも、イベント広報によって新たな意識を促すことができたのではないかと思います。



4 他団体とのつながり
イベント広報を通じて、NPO法人おやじりんくやNPO法人ファザリングジャパンのメインマンプロジェクトと新たなつながりを作れました。



posted by I am OK | 最近のイベント