2020年02月29日

『大人の発達障害講座』 大泉さくら 福祉カレッジスクーデリア

大泉さくら 福祉カレッジスクーデリア

『大人の発達障害講座』


 令和元年度の福祉カレッジ スクーデリア「大人の発達障害講座」のご紹介です。
大人の発達障害のこと、地域の中に必要な支援等について一緒に考えてみませんか。
A.区民向け講座と、B.支援職員向け講座があります。先着順のため定員になり次第締め切らせて頂きます。


A.区民向け講座(支援職員も参加できます)
★★発達障害の家族支援「家族支援の必要性とペアレント・メンター」★★
〇日時/会場   3月16日(月) 10:30〜12:30 / 大泉さくら
〇講   師   I am OKの会 林田 道子 代表 
          ペアレント・メンター  木下  由香里 氏

〇定   員   40名


★★発達障害の環境調整「不登校やいじめの構造 うまくいった支援(仮題)」
〇日時/会場   3月30日(月) 10:30〜12:30 / 大泉さくら
〇講   師   スクール・カウンセラー 鈴木 知美氏
〇定   員   40名


B.支援職員向け講座
★★発達障害支援の取り組み「連携によるソーシャルワーク的な支援(仮題)」
〇日時/会場   3月12日(木) 14:00〜16:00  / 大泉さくら
〇講   師   世田谷区障害者就労支援センターゆに(UNI) 本木 真介 センター長
                                森本 一正 施設長
〇定   員   25名


主催:練馬区立大泉障害者地域生活支援センターさくら  
   練馬区東大泉5−35−2 ☎(03)3925−7371

※詳しくはこちらのチラシをご覧ください
2019_大人の発達講座_(ご案内チラシ)_02.pdf

2019年02月08日

★ 講演会のお知らせ(全2回)★

講演会のお知らせ(全2回)



成人期の発達障害について 学ぶ機会はなかなかありません。
注目されています!!
ぜひご参加ください。(お申し込みお急ぎくださいね)
 
 

◆◇◆福祉カレッジ スクーデリア 発達障害地域支援講座 第一弾◆◇◆
『成人期の発達障害におけるこれからの課題』
 
講 師:白梅学園 大学子ども学部 発達臨床学科 准教授 廣澤 満之 氏
日 時:平成31年2月22日(金)午後2時〜4時 ※受付 1時30分〜
場 所:練馬区役所 本庁舎20階 交流会場
対 象:発達障害に関心のある方、支援者など
定 員:50名(先着順)
参加費:無料
申込先:練馬区立大泉障害者地域生活支援センターさくら
    電話(03)3925−7371 Fax(03)3925−7386
 
高等教育から大学の中で、発達障害のある人たちはどう過ごしているのか?
そこでの「合理的配慮」とは?その後の就労で抱える課題と求められる支援とは?
40歳を超える引きこもり特有の課題とは?大人の発達障害に求められる「環境調整」とは?
先生からは、様々な課題と地域に求められる支援についてのご提言をいただきます。
大人の発達障害に理解のある地域づくりこそが、支援の仕組みづくりの礎となる、
私たちはそう考えてこの講座を企画しました。大学で教鞭をとりご住職でもある
若い廣澤先生に、最新のトピックを交え、楽しく、わかりやすくお話いただきます。
(大泉さくら・ I am OKの会共催)
 

 


◆◇◆福祉カレッジスクーデリア 発達障害地域支援講座 第二弾◆◇◆
『成人期の発達障害 いま大学で起きていること』
 
講 師:武蔵大学 学生支援センター 学生相談室
    カウンセラー 江口 理沙 氏
日 時:平成31年3月5日(火)午後2時〜4時 ※受付 1時30分〜
場 所:練馬区立大泉障害者地域生活支援センターさくら 交流室
対 象:発達障害に関心のある方、支援者など
定 員:25名(先着順)
参加費:無料
申込先:練馬区立大泉障害者地域生活支援センターさくら
    電話(03)3925−7371 Fax(03)3925−7386
 
大学は自由な場、自主的な場です。ゼミ等では今までの生活に
なかったコミュニケーションや課題を求められるようになります。
発達障害のある大学生たちが、大学生活の中で抱える生きにくさとは?
そんな学生に大学はどのようなサポートをしているのか?
 
学内で大学生をサポートしているカウンセラーに、
いま大学で起きていることをリアルにお話しいただきます。
 
発達障害のある人にとって、大学時代に自分を知り、自分に合う
手立てをつかむことができれば、その後の生活が変わるかもしれない。
そんな示唆を含むお話が聞けると思います。
(大泉さくら・I am OKの会共催)
 
注: 江口先生は、OKの会の 寺子屋プラネットSSTクラスの講師をしてくださっている先生です。

2017年09月29日

(訂正)第一回「発達障害の基礎」★発達障害児家族支援講座

(訂正)開催場所に訂正がありました。
    「関町リサイクルセンター」3階 資料室
     練馬区関町北1−7−14  武蔵関駅より徒歩6分




発達障害児家族支援講座
サポーター養成プロジェクトパート1             対象:地域の方、保護者の方どなたでも



第1回「発達障害の基礎」


 目白大学人間学部心理カウンセリング学科教授 心理学博士 臨床発達心理士である、
小野寺 敦子先生」を迎え、発達障害の全体像をわかりやすくお話しいただきます。
「発達障害があっても 社会の中で生活するための工夫と支援があれば、多くの子どもたち、安心して学校生活を送り、自立した大人になっていくことができます」


〇小野寺 敦子先生〇
目白大学人間学部心理カウンセリング学科教授 心理学博士 臨床発達心理士
「ゼロから教えて 発達障害」(かんき出版)「親と子の生涯発達心理学」(勁草書房)ほか


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■10月14日土曜日 10時〜12時
■「関町リサイクルセンター」3F 資料室
練馬区関町北1-7-14  武蔵関駅より徒歩5分

■参加費 各回500円(会員300円)■締め切り10月6日(金曜日)
■受付アドレス 2004iam@oknokai.net
 電話・ファックス 03−903−8381(電話は金曜日のみ)
■参加者はお名前 連絡先(かならず連絡ができる電話番号 またはメールアドレスでおねがいします)
■会場の定員15人 ほのぼの館・関(都合により 近くの会場に変更することもあります)


※詳しくはこちらのファイルをご覧ください。
201709.講座10.14チラシam OK____.pdf

2017年09月29日

(訂正)発達障害児家族支援講座(全6回)が始まります!

(訂正)開催場所に訂正がありました。
10月14日(土)のみ 「関町リサイクセンター」3階・資料室
          練馬区関町北1−7−14(武蔵関駅より徒歩5分)





NPO法人 Iam OKの会 主催                  −「明日へ基金」助成事業−

「発達障害児家族支援講座」

サポーター養成プロジェクト Part1


★★★発達障害児・者のもつ困り感や生きづらさは ひろく知られるようになってきました。
不登校やひきこもりやうつ病などひきおこすこともあり、
学校 職場 地域でできる、当事者への理解 サポートが求められています。
OKの会では本人はもちろんのこと、育児ストレスで心身ともに疲れ果てている保護者をたくさん見てきました。家族が混乱し、結果、不適切な対応を続けることで、悪循環の関係性の中で 暮らさなければならなくなることがあります。会では当時者支援とともに家族支援を活動の両輪と考えています。


✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱



2017年度、練馬区内での、「子ども・若者支援活動」への助成を行っている民間基金、「明日へ基金」に応募し、応援をいただけることになりました。そこで、「発達障害児家族支援講座」(全6回)を実施することにしました。

@「発達障害の基礎」
A「幼児期・学童期の特性と対応」
B「思春期・青年期の就労に向けての対応」
C 二次障害について(ひきこもり 登校拒否 いじめなど)」
D「家族に寄り添う支援(ペアレントメンター ペアレントトレーニングの実践)」
E親のメンタルヘルス(エゴ・レジリエンスを知る)      
(全回参加 各回の参加も可) 2017年10月〜2018年1月にかけて (別紙参照)ぜひ ご参加ください。



2017年10月 発達障害児支援講座  9月18日変更別案PDF.pdf




■参加費 各回500円(会員300円)■締め切り10月6日(金曜日)
■受付アドレス 2004iam@oknokai.net 電話・ファックス 03−903−8381(電話は金曜日のみ)
■参加者はお名前 連絡先(かならず連絡ができる電話番号 またはメールアドレスでおねがいします)
■会場の定員15人 ほのぼの館・関(都合により 近くの会場に変更することもあります)
         ※10月14日(土)のみ 「関町リサイクセンター」3階・資料室


※メールでお申込みの方は件名を「発達障害児家族支援講座申し込み」と入れてくださるようお願いいたします。



✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱


これからもIam OKの会は、発達障害の子どもが持つ特性に配慮した対応方法を学べる機会をつくり、地域全体で支援し理解していく活動を通して共感的なサポートを行い、子供だけでなく親やその親を支える支援者の一助となることを願っています。

2017年02月28日

🌸春休みお楽しみイベント🌸 「キッズ・シナリオ」ワークショップのお知らせ

🌸春休みお楽しみイベント🌸
   キッズ・シナリオ  ワークショップ


✒キッズ・シナリオワークショップは、シナリオ執筆をして、短編の物語を作り上げるプログラムです。
シナリオを書くことで「気持ち」を言葉にする練習になります。
日本一シナリオライターを輩出するシナリオ・センターのスタッフがわかりやすくお伝えしますので、
アニメ・ドラマが好きな方も、書くことが好きな方も、ちょっぴり苦手な方もぜひご参加ください。
お待ちしています!

✒ワークショップの内容
 ●前半:みんなで楽しく発想ゲーム!
 ●中盤:シナリオ執筆
 ●後半:グループで読んでみよう!


日  時 : 平成29年3月31日(金)  10:00〜12:00
場  所 : ほのぼの館・関(西武新宿線 武蔵関駅 徒歩6分)
対  象 : 小学2年生〜中学生まで(保護者の方のみのご参加もOK)
参 加 費 : おひとり300円
申 込 先 : 電 話   ほのぼの館 5903−8381(金曜のみ)
       メール   2004iam@oknokai.net
              ※ご連絡先、お子様のお名前と学年、ご年齢をお知らせください。
講  師 : シナリオ・センター 田中和次郎(たなか やすじろう)
              「一億人のシナリオ。」プロジェクトメンバー


✒詳しくはこちらのファイルをご覧ください
20170331 キッズ シナリオ  OKの会相談情報ひろばほのぼの館・関.pdf
    

2016年03月21日

「あっ!これは知っておかなきゃ 年金 基礎の基礎 お得講座」ご報告

あっ!これは知っておかなきゃ 年金 基礎の基礎 お得講座
            ー女性の年金は七変化ー



日時 平成28年3月11日(金)10:30〜12:30
場所 ほのぼの館・関
講師 三谷ますみ(ファイナンシャルプランナー)
参加費 300円(資料&お茶代)
参加人数 10名

★わかりにくい女性の年金を、基礎からお得な情報まで楽しく解説していただきました。大変好評につき、第2弾も検討中です。



ー参加した方たちの感想ー

◇楽しく学べました。年金には悪い印象しかなかったのですが意外と保障されているんだなと思いました。勉強になりました。

◇漠然と不安に思っていた年金のお話をわかりやすく教えていただき、とても参考になりました。ありがとうございました。

◇年金講習についてまだまだ先の事だと思っていたのですが今から情報を集めて備えておくべきだと思いました。知らない遺族年金など面白かったです。

◇年金の話は小耳にはさんでもちゃんと聞いたことはなかったので、母の年金、さかのぼって祖母の年金の話はそういう意味だったのか!と納得できました。自分が今後どうするか?娘、息子もどうすべきか?基本的な話をいっぱい知ることができてよかったです。

2014年10月20日

らっこの会さんよりご案内をいただきました。講習会のお誘い

来る11月に、下記の講習会を開催いたします。
I am OKの会のみなさまにもぜひお越しいただきたく、ご案内申しあげます。
2014講習会2チラシ.pdf

「幼・小・中から就労まで自立の基礎を作るー思春期の理解と対応」
【講師】月森久江先生
   (杉並区済美教育センター指導教授・早稲田大学大学院非常勤講師)
【内容】多くの子どもたちと同様に、発達に凸凹のある子ども達も
    小学校高学年から中学生のころに節目を迎えます。
    大きく伸びる可能性を秘めた時期でもある一方で、
    さまざまなことで迷い、悩むことも……。
    この時期を上手に乗り越え、将来の自立につなげるには、
    どんなサポートが必要でしょうか。
    長年にわたり中学校の通級指導学級で研究・実践してこられた
    月森久江先生に、思春期の支援についてお話していただきます。
【日時】11月22日(土)午前10時〜12時
【場所】東村山市中央公民館4階 レクリエーションホール
    西武新宿線東村山駅より徒歩7分
【対象】どなたでもご関心のある方はお気軽にご参加ください。参加無料
【申込・問合せ】rakkonokai@gmail.com または 090-8491-0447(鈴木)